帰化再販!

  • 2010/01/29(金) 18:51:33

帰化が再販されましたね〜。
それも なーんと5割箱でした。
早速どんなもんか買って見ました。
あるうち買わないと買えなくなるもんでね。
買ってびっくり!10割の箱でした。
全て帰化が出ます 他のものはでません。
6個くらい買いましたが、朝鮮が多目かな。
宣伝するわけじゃないですが、買うなら今でしょう。
わたしは商団販売用と商団内イベントで買っております。
帰化の再販後の露天の価格に注目しております。
再販前の価格が日本なら20億、中国なら30億と言う、
ものすごい値段だったのですが、今後は注目されます。
帰化再販中止後に、神獣のUPがあるような、ないようなですが、
きっとまた価格がUPするような感じもしますが、
どうーなんでしょうね。
ちょっと楽しみですよ。

さびしいね〜

  • 2010/01/27(水) 15:11:58

今朝市街を一回り。
ハンゲがメンテであっこともあるが、10店舗程度しか
開いていなかった。
すごく悲しい現状であります。
この状態じゃ 欲しいものも手に入らず、どうしたものだろか・・・。
帰化などの再販の云々も大事であるが、過疎対策を何とかして欲しいです。
神獣のUPが遠からずある可能性が高く、それを楽しみに楽しんで方は多いです。
わたしが ここのブログでどう言っても変化は難しいでしょうが、
嘆きがどうしても出てしまう。
大黒サーバは面白いう部分を謳えればいいのだが、
なかなか難しい部分があります。
何か手はないものかな〜〜。

あせったわ〜

  • 2010/01/18(月) 18:49:15

わたし趣味が山登りなんです。
夏はせっせと沢登り、きもちいいすよ〜。
冬は以前は、フリークライミング(難度高いとこは登れません!)
を行っていたが、肘を痛めることや、道具(専用靴やロープやほかもろもろ)
の関係で遠ざかっております。
そこで最近は、低山ハイキングをやっていて、
昨夜も下調査で「さてさて山の雪の状態を調べよう」
パソコンでいろいろ検索を行う。
「お ライブカメラか」そこでクリック
「お!!」
「ウイスル検出しました。マルウエア・・・」
「なんだっておい」
早速全スキャン その後金持ちキャラ全部パス変更。
ハンゲも もちろん全部変更です。
途中で、パスを変えたパスがふめいとなり、さらに時間をとられる。
ここでも あせりまくり〜〜 ひいひいものでした。
結局1時間もかかりましたよ〜。
まさか山のライブカメラでね〜 驚きましたよ。
よく思えば、夜にライブカメラ言っても 何も見えるはずもなく・・・。
あほでした 全くもう。
でもあれですよ ちょどよくパスの変更をできてよかったかも。
そろそろ変更時期だな〜思ってましたから。
ハックはかなり減ってはおりますが、「ゼロ」じゃないです。
注意して、パスを定期的に変更がいいですね。
皆さんもご注意くださいね。

えらいことなってきた

  • 2010/01/17(日) 19:36:43

大黒サーバ なかなか大変です。
アイテムモールリニューアルが12月25日にあり、
帰化、孫子などの単品売りが消え去った。
それから約3週間程度経過した。
以前から帰化の販売が少なかったが、これに拍車がかかった。
あの朝鮮の帰化さえ市街で反復の募集となっている。
しかも同じ方が何日も反復で募集しておられます。
運用側では、無くなる前にアイテムモールで買いなさいのようなことは、書いてはいる。
しかし、多くのユーザはアイテムモールを利用することがなく、
露天にて購入する方が多い。
運用側では、事前に買っておかないユーザに問題がありと言うのだろうが、
ユーザ側で、ほいほい即アイテムモールへ立ち寄り買うことができる方は、
限られいます。
神獣関係のUPが多分あるでしょうが、
そのとき売るとは思えますが、その時期を読むことはすごく難しいです。
もし帰化などを多く所持しておられる方がおれば、
売るタイミングを見計らっているかもですね。
しかし あと1ヶ月も帰化の再販がなきゃ、どうなるかな?
むかーし、帰属の帰化を販売していたこと思い出しますね。
もうこれはしないとは思いますけどね。
すごく心配な日々でございます。


依頼が多いですよ

  • 2010/01/06(水) 12:49:29

最近、先のUPを目指すなどあり、商団員さんの活動が多くなってきております。
それとともに、生産物特に防具の依頼生産が目立ってきております。
防具施設は1個しかなく、生産が追いつかずというところです。
嬉しいような悲しいような感じですー。
11日まで(たしか?)経験値が1,5倍なもので、荷物持ちをちょこっと育成しております。
あとはま〜 材料採り いう感じですね〜。
ぼひぼち やっております〜。

おめでとうございます〜

  • 2010/01/03(日) 22:43:10

明けましておめでとうございますー
年末から元旦にかけて女房のいる家へ戻っておりました。
女房は商売をやっておりまして、そのお手伝いをやりました〜。
夜12時頃までやる仕事なもので、ちょっと疲れましたね〜。

ま それはさておき。
年末頃の休日TVを見ていると、有名なマンガ「フランダースの犬」が
放映されておりましたね。
意地悪い大人に囲まれ、貧乏にあえぐ少年ネロを描く物語です。
19世紀のベルギーでの物語であり、日本の時代では江戸時代となります。
この物語を見ていると悲しくなります。
ここで思うことは、人間はどんな状況であっても、
生きて行くことを強く感じます。
良い行いをすれば、良い結果が待っているとは限らないことも、
この物語からわかります。
因果応報という考えもありますが、全てがそうではありません。
悪いことをやって、のうのうと生きている人も多いです。
悲しいかなそれが現実でしょう。
それでも生きて行くことが、人として進む道と思います。
良いことは、多少しかないでしょう。
多くが嫌なことで、自分の思うがままではないでしょう。
人生そんなもんです。
それでもそれでも前へ進む それが大事でしょうね。

あ 明日から仕事だな 寝るかな〜。